現在、41歳。一人目を生んだのが39歳と高齢出産だったのですが、やはり兄弟がいた方が良いとまわりのプレッシャーがありますが、高齢出産だと先天性障害リスクや流産の可能性などを考えると、本当に妊活をしていいのか悩みます。

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう


HOME >> 葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く



葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く


葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。
ですので、食材を調理して摂取しようと考える場合には気を付けてほしいポイントがあります。出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によってどうしても加熱の必要がある時にはぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。



いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、サプリを活用すれば簡単ですから、おススメです。初めての妊娠に気づいたときから妊婦に必要なことをできるだけやってみました。



初期の間こそ、身体に気をつけなさいと全く同じことを母と医師が言っていたからです。


様々なネットのサイトや雑誌などで積極的に葉酸を摂って、赤ちゃんの発育を促しましょうと書かれていたので葉酸のサプリメントを買って飲み始めたのです。ほとんど食事ができないくらいつわりがひどいときもありましたが、そんなときもサプリメントは飲めたので食べられないときにも葉酸をしっかり摂ることができました。


なかなか妊娠に繋がらないと、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。

ストレスは生殖機能に悪影響でそのまま継続しても負の連鎖となる恐れもあります。

ですから、思い切って妊活を休止したほうがいい場合もあるのではないでしょうか。

本当に、妊活の休止中に妊娠に成功したという人も多数います。

年齢的な制限を考えながらお医者さんにも相談を行って、いったん休むことも考えてみてはどうでしょうか。
女性の場合、妊娠中に葉酸が足りていないと胎児に異常や障害が起こる原因となる心配があるのです。先天性異常のうちでも、神経管閉鎖障害を起こす結果になることがあり、これが重篤だと無脳症になるためほとんどは流産もしくは死産となります。

このような障害のリスクを下げるために、妊娠がわかったときから、葉酸を十分に摂らなければなりません。


病院などでも妊娠初期段階において特に摂取を推奨される葉酸という栄養素ですが、妊娠の初期段階はお腹の赤ちゃんの発達が活発に行われている時期であるため、必須です。欠乏すると赤ちゃんの脊椎がふたつに分かれてしまう二分脊椎など胎児の発育に多大な影響を及ぼすかもしれません。


1日に摂るべき量は400ugが目安です。妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。とりわけて胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は最も重要なポイントだと言えます。

ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、葉酸をしっかりと摂取することが大切だと思います。

例えば、葉酸のサプリならば摂取が簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方には一番簡単な方法だと言えます。

積極的に果物を食べるようにすることは、妊活中の体にも良い効果が期待できます。

ですが、ただ果物を食べるだけでなく、さらに妊活に効果が出るような食べ方が出来たらもっと嬉しいと思います。

ご存知の方も居るかもしれませんが、果物の種類によっては冷えをとってくれるものが存在します。
ぶどうやオレンジ、桃やさくらんぼ、リンゴなどが該当するのですが、生の状態でももちろん、ドライフルーツでも大丈夫です。
葉酸の選択方法は胎児への影響力を考えるとできる限り添加物のあまり入ってない物を選ぶ方がよいと思います。
後、どのような会社で作成されているのか、放射能の試験はされているのかなど製造の仕方にも目を配って選択する必要があります。

ありがたいことに、最近はかなり一般的になりましたが、妊娠中の女性だけでなく、授乳中のお母さんにも葉酸はとても重要です。お腹の中にいる間はもちろん、生まれてきた赤ちゃんも全身の細胞分裂が活発に行われる中で人としての発達を遂げるのです。いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。
一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、妊娠前から授乳が終わるまでぜひ葉酸を摂り続けて欲しいと思います。妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸が注目されている事をご存知ですか?葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、定期的な摂取の結果、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。



厚生労働省の発表によりますと、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。



胎児の健康を考えて、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸の摂取を心がけてみてください。

関連記事です




Copyright (c) 2014 高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう All rights reserved.

▲TOP