現在、41歳。一人目を生んだのが39歳と高齢出産だったのですが、やはり兄弟がいた方が良いとまわりのプレッシャーがありますが、高齢出産だと先天性障害リスクや流産の可能性などを考えると、本当に妊活をしていいのか悩みます。

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう


HOME >> 昨今、妊活に効果的な方法としてお灸が



昨今、妊活に効果的な方法としてお灸が


昨今、妊活に効果的な方法としてお灸が注目されつつあります。
伝統のある鍼灸療法により体のコンディションを妊娠しやすくしていくことが出来、それにプラスして目立った副作用がないことも魅力です。

体表面には妊活にいいとされるツボが多く存在し、家庭で出来るお灸も売られているので、簡単に取り入れられるようになりました。是非とも挑戦してみては?不妊治療そのものに違和感を感じるご夫婦がでてくるかもしれません。そして、不妊治療には特に心配がなかったとしても、不妊治療にかかってしまう費用が重荷となって始められなかったり、継続できないこともあります。タイミング治療を受けるにあたり、それほど費用がかかりませんが、AIHの希望となると、まとまった費用が掛かります。

コーヒーを飲むことは、妊活中の体に悪影響を与えるのではないかと不安に感じる方も多いようです。

確かに例えホットコーヒーであってもカフェインが体を冷やしてしまうため、冷えが厳禁の妊活においては止めておいた方が良いのは間違いありません。けれども、今までコーヒーをいつでも飲んでいて飲まないとストレスを感じるような方もいるのではないでしょうか。

そんな人は出来るだけ体にストレスをかけないようにするためにも、1日に2、3杯のコーヒーを満喫するのが良いでしょう。

不妊の根本的な原因は、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性側に原因があるものと、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側の原因とが想定されます。



ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。

男女ともに検査を受けると解決への糸口となるでしょう。

いつ妊活を始めたらよいか、考えている女の人もたくさんいるでしょう。
その問いに対する答えとしては未婚か既婚かは問わず、いずれ出産したい女性ならば、いつからであっても始めていいものです。一般的には、妊活イコールすぐに妊娠するためのものと思われがちですが、妊娠しやすい体を作っていくために行われる、様々な活動に使われる言葉です。

ですから、いつ始めたとしても早すぎるということはないと言えるでしょう。妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、血液を作る作用があります。この作用は妊娠にも有効で、子宮の状態を改善して着床しやすくし、それだけで妊娠確率が上がるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。


葉酸で血液が増産されると、新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能が正常化して活発になり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。一般的に女性は妊活中にお酒を飲むことがないよう言われるのが普通です。
それはどうしてかといいますと、どの時点でも、もしかしたら妊娠している可能性があるかもしれないと考えて妊娠が分かっていない時期に、アルコールの影響が胎児に及ばないようにするためです。また、飲酒が原因でホルモンバランスが乱されたり冷えを引き起こす原因となるため、できるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには飲まない方が賢明です。
子供を持とうと妊活を継続している方は、ぜひお守りを持つことをお勧めします。



一例として、長谷寺は鎌倉にあるお寺で、ここは子宝と縁があるお寺です。
そこで売っているお守りは、何かとつらい妊活時の気分を落ち着かせて安心につながります。
それ以外にも、パワーストーンなども妊活のお守りとして使われていますから、いくつかのお守りを持ってみるというのもいいかもしれないですよ。赤ちゃんが欲しいと思った段階から葉酸は妊娠初期までの期間にかけて摂取を続ける事が良いとされているため、赤ちゃんの先天性奇形を予防する効果があります。
妊娠3ヵ月頃までは特に、食品や葉酸サプリメントなどでなるべく摂取する事がポイントです。胎児の成長に欠かせず、妊活の必須アイテムとも言われるのが葉酸です。

サプリメントによって葉酸を摂取した場合の影響は病院などで血液検査を受ければ分かると思います。
くわえて、この葉酸の値と同時にチェックしておきたい値としてビタミンB12のことを忘れてはいけません。ビタミンB12は葉酸と関係があって、葉酸の過剰摂取のせいで、ビタミンB12の摂取不足がよく分からなくなる事があるそうですから、ビタミンB12の値にも注意するようにしましょう。

関連記事です




Copyright (c) 2014 高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう All rights reserved.

▲TOP