現在、41歳。一人目を生んだのが39歳と高齢出産だったのですが、やはり兄弟がいた方が良いとまわりのプレッシャーがありますが、高齢出産だと先天性障害リスクや流産の可能性などを考えると、本当に妊活をしていいのか悩みます。

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう


HOME >> 妊娠したいときの食事はしっかりと摂取する



妊娠したいときの食事はしっかりと摂取する


妊娠したいときの食事はしっかりと摂取することが望ましいといわれています。中でも葉酸が特に好ましいのですが、これ以外にも摂ることが必要な栄養素があります。


ミネラル、鉄分などがそれにあたります。



好き嫌いをいわず、栄養バランスの良い食事をすることが、赤ちゃんにあえる体作りに一役買ってくれるでしょう。


加工食品の摂取や外食を控えることも、食事のポイントだと思います。

その味や食感が様々な料理に使われているクリーミーな食材として知られるアボカドは、葉酸というビタミンが含有量が多いのです。



健康を保つ上で葉酸は大事な役割を果たすものです。


鉄分とともに貧血防止に役立つ、また生まれる前の赤ちゃんに栄養が十分行き渡るようにして発育を促すなど、人生の各ライフステージで必要な栄養素といっても過言ではありません。妊活時に漢方を服用する人も増えています。緩やかな効きめの漢方を使うことで体質の改善に繋がり、身体を妊娠しやすくすることが出来るのです。

ここ最近では薬局でも販売されていて、どなたでも手に入れることが出来ます。

「費用が気になる」という人もおられると思います。


その様な方には漢方療法を不妊治療に取り入れている病院に診てもらうことをおすすめします。
お医者さんの診察が必須ですが、保険適用でいくらか安くなります。


食事や運動などの生活習慣の改善など具体的に妊活をし続けて行った場合、そのうち中には疲れてくる方もいるはずです。

そのような時は気持ちの切り替えもかねていわゆる「子宝神社」に参ってみてはどうですか。ためしに神頼みしてみることも前向きに考えるための糸口になるかもしれません。

妊娠したいときに欠かせないのが葉酸のサプリメントです。これは妊娠を望むときは当然ですが、妊娠後も出産後も、継続して摂取した方がいいのです。

葉酸サプリメントはお母さんの体にも、赤ちゃんの体にも非常に良いとされています。
女の人の体には妊娠準備期間から出産後まで、継続して葉酸がいると厚生労働省でも言われてます。妊娠した女性にとって順調に赤ちゃんが育つようにするためぜひ摂りたい栄養素は「葉酸」です。



「葉」の「酸」なので、キャベツとかレタスのような葉物野菜に豊富だという印象を持たれますが、意外な供給源は果物で、100gのイチゴを食べると、90μgも葉酸を摂れるのです。

普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないので何が葉酸を多く含んでいるか知っておき毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。
赤ちゃんが欲しいというご夫婦から、摂っておくと良い栄養素に葉酸が挙げられています。大別すると葉酸はビタミンB群の一つですが、独立したビタミンMとする分類法もあります。造血のためには欠かせないビタミンとして知られていますが、血液以外の細胞分裂を促進するためにも葉酸が必要不可欠のため、赤ちゃんを授かるために夫婦で摂って欲しいと言われるのです。


葉酸には子宮内膜をしっかり作る効果もあり、受精卵が着床しやすくなり、妊娠する確率が高くなります。妊娠によって日常生活も心理状態も変わるので意識する、しないにかかわらず変化はストレスとなり、自律神経がバランスよく働かないこともありえます。妊娠によって起こるホルモンバランスの変化や毒素の排除で、つわりが起こるとされていますが、ストレスで自律神経の働きが乱れるために起こるケースもあるとされています。母体にとっての葉酸は、神経系の働きを調整する重要な働きをしているので副次的につわりの軽減も果たせるのです。基本的に、妊活と聞くとどうしても女性が主導権を持ってする事だと思われることが多いですが、子供というのは夫婦で望んでもうけるものなので、当然ながら男性も、必要だと思います。



特に女性の排卵の仕組みを知って、どういったタイミングで性交渉をすると、子供ができやすいのかということを正しく把握しておくことも男性にとっての立派な妊活のひとつなのではないでしょうか。葉酸はビタミンの一種であり、赤ちゃんにはとても大事な栄養素です。葉酸は赤ちゃんが母体内で育つのに重要な役割を果たすだけでなく、無事生まれた赤ちゃんにも、お母さんにも摂って欲しい栄養素だと言えます。
胎児の細胞分裂は妊娠初期に最も盛んであり、そこで葉酸が重要な役割を果たすので、理想的には、妊娠前から継続して葉酸を積極的に摂り続けると望ましいと言えます。葉酸の多い食材を毎日摂るのはちょっと大変なので、自分の生活習慣に合わせて、サプリメントや錠剤などで補うことをすすめます。

関連記事です




Copyright (c) 2014 高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう All rights reserved.

▲TOP