現在、41歳。一人目を生んだのが39歳と高齢出産だったのですが、やはり兄弟がいた方が良いとまわりのプレッシャーがありますが、高齢出産だと先天性障害リスクや流産の可能性などを考えると、本当に妊活をしていいのか悩みます。

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう


HOME >> 私の話なのですが、妊活をしていた当時、



私の話なのですが、妊活をしていた当時、


私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。



長男が生まれていましたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分け法を実践しました。


妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明するまで少し心配もしましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。

暑い時期が来ると、自然と冷やした飲み物を飲みたくなってしまいますが妊活を行っている時は普段以上に極力冷たい飲み物は避けてください。

その逆に、温かくしてある飲み物を飲むと妊活にもプラスになります。飲み物も重要ですが、その他の生活全てにおいても、日頃から体を冷やさないように気を付けてください。


妊婦が葉酸を十分摂れなければ、胎児に異常や障害が起こる原因となる心配があるのです。


代表的なのは神経管閉鎖障害と言われる先天性異常ですが、そうした神経系の障害を起こす結果になることがあり、これが重篤だと無脳症になるため最終的には流産や死産になるのです。


障害を起こすリスクは少しでも下げることが望ましいので葉酸は妊娠の判明後すぐに十分に摂らなければなりません。


食事からの摂取だけでは、どうしても不足しがちな葉酸は、上手にサプリメントや強化食品を使って毎日所要量が摂れるようにした方が良いのです。
さらに、妊娠中や授乳中の女性など通常よりも多くの葉酸を摂らなければならないにもかかわらず日々の献立の中で、葉酸が所要量に満たないとき、あるいは簡単に改善されない貧血を治療するため、時々用いられる手段として、注射して投与することもありえます。女性の方にとって体の冷えというのは子供を作る際の障害です。そんなわけで、体を温かくするお茶を毎日意識的に飲むことも妊活としてはとても大切です。一例を挙げておけば、カフェインレスの体の血行を良くする役目をするハーブティーが体内の冷えの解消には効き目があります。



私は葉酸サプリを毎日摂取を続けているんです。



飲み方は非常に簡単です。


多めのお水と一緒に飲みやすい大きさのサプリを飲むだけで済むのです。
気になるニオイなどもありませんし、忘れてしまわないように気をつければいいのが気に入っています。

赤ちゃんのために葉酸を摂取しているのですが、母親の体のためにもなると聞いたので、続けて飲んでいこうと考えています。

毎日あわただしく過ごしている妊活中の女の人に人気があるのが妊活アプリです。基礎体温の記録や、排卵日がいつなのか予測してくれたりと、アプリの機能を上手く使うことで手間を省くことができて役立ちます。


女性のみかと思われるかもしれませんが、中には男性向けに作られたアプリも登場しています。
いつが妊娠しやすい日なのか予測する機能も持っているので子作りのタイミングを自然に男性の方に分かってもらえるでしょう。妊娠したら、葉酸を初期のうちにしっかり摂っておきたいというのは多くの人が知っていますが、実際は妊娠の全期間にわたって十分な量の葉酸が、母子にとってとても大事な栄養素なのです。
葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、母体にとっても貧血や妊娠中毒症を防ぐ働きがあります。無事に妊娠初期を乗り切った後も、できる限り、葉酸を妊娠中から授乳が終わるまで強化して摂っていければベストです。
胎児の発育を促し、先天性の障害が起こりにくくなるビタミンと言うことで、葉酸は妊婦さんに広く知られています。けれども、女性が葉酸を摂取し始めるのは、妊娠に気づいた後では遅すぎだという指摘をする方もいます。



その理由は、妊娠初期こそ葉酸が必要とされるので、その時から摂取していることが赤ちゃんの順調な発育のためには大事なことだからです。だとすれば、子供を授かりたいと考える方はすぐに意識して葉酸を摂っていくことが子供のためには良いのです。胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。

ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。


厚生労働省の発表によりますと、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。
胎児の健康を考えて、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。

関連記事です




Copyright (c) 2014 高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう All rights reserved.

▲TOP