現在、41歳。一人目を生んだのが39歳と高齢出産だったのですが、やはり兄弟がいた方が良いとまわりのプレッシャーがありますが、高齢出産だと先天性障害リスクや流産の可能性などを考えると、本当に妊活をしていいのか悩みます。

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう


HOME >> 妊娠中に大切な栄養素は様々にありま



妊娠中に大切な栄養素は様々にありま


妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。

水溶性ビタミンの一つである葉酸は、定期的な摂取の結果、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。
この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。



大体いつ頃から妊活し始めたらよいのか知りたいという女の方も多くいると思います。



難しい問いですが、答えるとするならば、未婚か既婚かは関係なく、いずれ妊娠をしたいと考えている女性であれば、だれでも、いつでも行うべきだと言えるのではないでしょうか。


一般的には、妊活イコールすぐに妊娠するためのものと思われがちですが、妊娠しやすい体を作っていくために行われる、様々な活動に使われる言葉です。


ですから、早い分にはいつ始めても良いものだと言えると思います。妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。ですが、他にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。女性のみならず妊活中の男性にも効果があります。

それは、亜鉛の摂取によって健康的な精子の増加を手助けしてくれるという訳です。


妊娠はどちらか一人ではできません。
元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみるのが良いと思います。

友人に紹介されたピジョンの葉酸サプリが大変良いです。


妊娠中に必要不可欠な栄養素を補給してくれるのです。
それに加えて、ずっと困っていた冷え性も改善してきたようなのです。

赤ちゃんのためにと飲み始めた葉酸サプリでしたが、私の体調にも良い影響が出てきたので、出産後も飲み続けるつもりです。友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。


本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、話を切り出しづらくて、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。


月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、そう簡単には妊娠できず、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。幸い、それからしばらくしたら、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。お腹の中の赤ちゃんが健康に育つためにも、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、サプリメントを飲んだ時の効果は血液検査をすれば明らかになります。


さらに、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンB12のことを忘れてはいけません。

ビタミンB12も葉酸と共に大切な栄養素なのですが、葉酸が過剰に摂取されると、ビタミンB12の摂取不足が判断しにくくなってしまう事があります。

私は葉酸サプリを毎日飲み続けています。


飲み方についてはとても簡単です。多めのお水を用意して、飲みやすい大きさのサプリと一緒に飲むだけで良いんですね。

ニオイなども飲みやすいものですし、飲み忘れがないように気をつけるだけで良いのです。
葉酸を飲んでいるのは胎児のためでもありますが、私自身の体にも良いということなので、続けて飲んでいこうと考えています。


不妊の原因はたくさんあると考えられます。
しかし、病院でいろいろと不妊検査をしてみると、原因が明白な場合とそうではない事例があります。
異常が発見されればそれの医療的対策を行えばよいですが、原因がわからない場合、日々の食生活にも注目してみることが大事な気がします。

毎日話なので、何をどう食すかにより、体が変わっていくと思います。ビタミンB群の一つとして、葉酸は多様な働きをしますが、その中の血液の滞りを防ぎ、血行を良くすることは重要なこととして挙げられます。

血行が悪くなるのはあらゆる不調の原因で、腰や肩が痛い、凝るという局部症状の他、冷え性や不妊といった全身症状にもつながると言われるのでそのような症状に思い当たるところがあれば葉酸の摂取量を増やすことを考えてみると症状の改善につながるのではないでしょうか。
ビタミンEを、葉酸と同時に服用することで血行改善の効果はさらに高くなります。近い将来、妊活を始める女性に勧めたいのが、まず初めに、母親になるために体内の状態を調整して準備しておくことなのです。日頃の体の動き方の繰り返しで体の中でも、特に骨盤がゆがみ始めます。そういった歪みによって妊娠しにくくなることもあるのです。
整体院の中では不妊やマタニティに特化した治療院も増加しています。

妊娠しやすく、なおかつ赤ちゃんがお腹の中で過ごしやすくするために骨盤矯正を受けてください。

関連記事です




Copyright (c) 2014 高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう All rights reserved.

▲TOP