現在、41歳。一人目を生んだのが39歳と高齢出産だったのですが、やはり兄弟がいた方が良いとまわりのプレッシャーがありますが、高齢出産だと先天性障害リスクや流産の可能性などを考えると、本当に妊活をしていいのか悩みます。

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう


HOME >> 胎児の先天性障害発症リスクを抑える



胎児の先天性障害発症リスクを抑える


胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いでしょう。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。

反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。


妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。妊娠しづらいように感じ始めたら、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。

たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠につなげる手がかりとなるのです。さて、基礎体温表を作るにあたっては、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった決まりがあるので、その通りにしていくのが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。葉酸は赤ちゃんを作ることを考え始めた段階から妊娠の初期にかけて摂るようにする事が理想とされており、胎児の先天性奇形を防ぐ効果があると考えられています。


妊娠して3ヵ月くらいまでの期間は、食品及びサプリメントなどから摂取するように意識する事が大事になってきます。
妊活で必要不可欠なことといえば基礎体温の測定です。基礎体温を測っていれば、身体の状態の把握が可能となり、現在、妊娠しやすいのかそうでないのか、または妊娠の可能性だったり排卵日だったりといった重要な情報を知ることができるでしょう。

詳しく説明しますと、基礎体温はどういうものかというと、朝起きてすぐに検温することでわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。なるべく体温を上げたり、代謝を良くしたりすると体の妊娠の可能性が高くなります。日常的に運動をしない妊活中の女性は可能な限り運動をするようにしましょう。


激しい運動でなくてよいのでヨガとかストレッチといった緩やかな運動がお勧めです。
今日では妊活ヨガというヨガのコースがあるスタジオもあり、関心が寄せられています。
神経管閉鎖障害など、胎児が神経系の障害を起こす危険を下げるためにはビタミンB群である葉酸の効果が認められています。


妊娠したら葉酸を多めに摂ることを近年は厚生労働省も推奨しているのです。上手に葉酸を摂るためには、平均的な食生活を送っているだけでは胎児の発育に必要な量の葉酸を確保するのは、相当難しいでしょう。
サプリメントなどで不足分を補うようにして妊娠中の葉酸所要量を満たせるくらいは毎日欠かさず摂ってくださいね。


葉酸を摂取するのが一番欠かせない時期は妊娠して最初の3ヶ月です。
妊娠がわかってから、「葉酸とるの忘れてた。

」と後悔する方も多分に見受けられます。悲しいことにならないように、妊娠を望んでいる方は日々葉酸を摂ることをおすすめしています。
葉酸は厚生労働省が公式に、妊娠の初めに妊婦が摂取する事が望ましいと公にしている栄養素ビタミンです。

妊娠を 願う女性であれば妊娠する前から、摂取し始める事が有効で胎児の先天性奇形にならないために結びつくと考えられています。



サプリメントで飲むと一日必要量の葉酸が摂り入れが可能です。
葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段の食事から摂取する以外にも葉酸サプリを飲むのが良いと思います。しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。

一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。
妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。しかし、母体にとっても必要不可欠な栄養素です。なので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。

関連記事です




Copyright (c) 2014 高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう All rights reserved.

▲TOP