現在、41歳。一人目を生んだのが39歳と高齢出産だったのですが、やはり兄弟がいた方が良いとまわりのプレッシャーがありますが、高齢出産だと先天性障害リスクや流産の可能性などを考えると、本当に妊活をしていいのか悩みます。

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう


HOME >> 近年の日本における先天性奇形の発



近年の日本における先天性奇形の発


近年の日本における先天性奇形の発生率は出生数に対して、およそ4%です。

高齢での出産など、様々な要因が考えられますが奇形の防止に効果が認められるビタミンと言えば最近有名になってきた葉酸です。
赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている初期から中期にかけて必要な量を摂取しなければならないので、葉酸はあらゆる妊婦にとって一番大切な栄養素だと言い切っても間違いはないのです。真剣に妊活しているのなら、よく飲む飲み物にも気を遣わねばなりません。
よく飲み物に含まれているカフェインですが、着床を妨げたり、体を冷やす要因にもなるので妊活時の飲み物としては適していません。



お茶のうち、体を温めてくれて、なおかつノンカフェインのものが適しています。

具体的には、ミネラル分をたくさん含むルイボスティーや、漢方薬でもあるたんぽぽ茶などは適しているでしょう。


いよいよ赤ちゃんが来たとわかったら、大切なのは葉酸の摂取です。


葉酸が不足しないようにすることで、胎児の発育は手助けされますし、母体も健康に過ごせるようになるため重要な役割を果たす栄養素なのです。



葉酸はどうしても、普段の食事だけでは十分に摂ることが困難です。

食事だけで摂ろうと考えるよりサプリメントや薬を使うのも有効です。



世の中には不妊治療自体に抵抗を感じる人もいることでしょう。また、不妊治療において特に違和感がなかったとしても、不妊治療にかかるお金が負担になってスタートさせられなかったり、継続が困難なこともあると思います。
例えば、タイミング場合には、それほど治療費がかかりませんが、人工授精や体外受精となれば、沢山の費用が必要となってしまいます。妊娠したら葉酸を多く摂った方が良いとあちこちで聞かれますが、葉酸の摂取を妊娠前に行うことで受精率と着床率のアップにつながることが判明しています。


妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、葉酸の役割が重要になってきます。

なので、妊娠を希望する方にも葉酸は欠かせない栄養素で、お腹の中で胎児が健康に育つためにも葉酸を欠かすことはできないので、子作りを決めてから授乳が終わるまでの期間、欠かさず葉酸を摂ってください。

妊活をするにあたっては、先に産婦人科で一般的な不妊検査を終わらせておくと良いでしょう。


異常がない場合でもその道のプロから妊活が捗るようなアドバイスを貰えますし、排卵周期から性生活に相応しい時期の指導もしてもらえますから、妊娠が発覚する前段階で自発的に産婦人科を利用し、効率的な妊活をすすめてみましょう。

赤ちゃんを授かって産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。

または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。

実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。葉酸は調理の際の加熱で溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、摂取するようにしましょう。肝臓に悪い食べ物良い食べ物まとめ

妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためによく飲まれる飲み物としてハーブティーが挙げられます。その一番の理由として、体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。
例を挙げると、冷え性の症状や生理不順の状態を改善することです。さらには、リラックス効果を得ることにも役立ちます。

ストレスは妊活している人にとって最も避けるべきものの一つですが、それを発散する効果があるそうです。コーヒーを飲むことは、妊活中の体に悪影響を与えるのではないかと不安に感じる方も多いようです。

確かにカフェインを多く含んだコーヒーは摂取すると体を冷やしますから、妊活中は止めておいた方が良いのは間違いありません。


とはいえ、今までコーヒーをいつでも飲んでいて控えると逆にイライラするという場合は、ストレスが妊活に悪影響を与えないように、2、3杯を目安に飲んだ方が健康的だと言えます。赤ちゃんがお腹にいる女性なら、胎児の発育を促進し、障害の発生を抑えるために摂取を心がけたいのが「葉酸」といえます。「葉」の「酸」なので、キャベツとかレタスのような葉物野菜に豊富だという印象を持たれますが、意外な供給源は果物で、とりわけ豊富なイチゴからは、100gあたり90μgの葉酸が摂取できます。葉酸の所要量は、妊娠中には普段のほぼ2倍となります。
葉酸が豊富な食材について調べ、効率よく摂取することが大事です。

関連記事です




Copyright (c) 2014 高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう All rights reserved.

▲TOP