現在、41歳。一人目を生んだのが39歳と高齢出産だったのですが、やはり兄弟がいた方が良いとまわりのプレッシャーがありますが、高齢出産だと先天性障害リスクや流産の可能性などを考えると、本当に妊活をしていいのか悩みます。

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう


HOME >> 女性にとって、妊娠は生活や気持ちの持ち方



女性にとって、妊娠は生活や気持ちの持ち方


女性にとって、妊娠は生活や気持ちの持ち方が変わる要因となるため変化で身体がストレスを感じ、自律神経が普段と違う働きをすることもあるでしょう。
多くの方に起こるつわりは、妊娠初期にホルモンバランスが変わることや、毒素を排除しようとすることから生じてくるのですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じる症状でもあるのです。

摂取した葉酸は、自律神経の乱れを調整し、ストレスに耐えやすくする役割を果たしています。

そのためつわりの軽減も期待できるわけです。

葉酸というものは、普段はあまり聞きなれない言葉ですが、妊娠すると絶対に耳に入る栄養素、ビタミンの一種なんです。

母子手帳にさえその摂取が必要だと書いてあるくらい大切な栄養素です。


妊活中、妊婦のみならずすすんで摂取することをおすすめしたいです。
ネットでも葉酸が手軽に摂れるようなサプリも多く売られています。妊娠している人にとって必要な栄養分が葉酸です。


葉酸は胎児の脳や神経を作るのに不可欠だからです。こはほうれん草などの食品に多く含まれていますので、積極的に食べるようにしてください。



必要摂取量としてほうれん草一束を毎日口に入れることが必須となります。


しかし、これは大変なことなので、サプリで補うほうが楽な場合もあります。
食品の中でも、葉酸を強化したものにはマークがついていて、特定保健用食品の表示がされています。このマークは消費者庁の認可を示しており、その食品に関して申請に基づいて審査をして認可した食品に限定して、マークで表示することを認めているのです。



食品に特定保健用食品のマークがあれば、消費者庁の基準を満たした食品であることの公的な証明になっているので、食品で葉酸を多く摂りたいと思うときにも一つの判断材料にしてほしいものです。妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。

ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。


ヨガによって血行が良くなると、崩れた自律神経のバランスを治しますのでホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。


軽く運動する事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、こころとからだのバランスを整えると言われていますので、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。

妊娠すると葉酸がたくさん必要になると言って、妻はサプリメントを飲み始めました。当初は妻だけの問題だと思っていたのですが、少し分けてくれないかと妻に聞いてみると、「男の人にはもっと良いサプリがあるんじゃないの」と却下されました。男性にもきっと良い効果があるのではないかと妻に隠れて葉酸サプリを飲むことにしました。劇的な変化はありませんが、飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、大きな口内炎ができにくくなったのではないでしょうか。葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。野菜の中では例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。



妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。

推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けることが出来るという報告があるのです。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメントで葉酸を補給するのも大丈夫です。

女性の妊活時は何を飲むかも気にした方がよいです。

成分にカフェインを含む飲み物は受精卵が着床するのを妨害したり、体を冷やしてしまう恐れがあり避けた方がよいです。



代わりに飲むのなら、体を温める作用があるお茶で、ノンカフェインのものが最適です。

成分にミネラルを多く含有しているルイボスティーや漢方にも使われるたんぽぽ茶などがおすすめです。私は今、病院で、不妊治療を続けている最中です。でも、それがものすごくストレスになってしまっているのです。
こうまでしないと、子供ができない事が私からすればかなりのストレスをためる原因になっています。

可能なら、全部放棄したいです。
なのに、それができない事が、ストレスの倍増になっているように感じます。
今から赤ちゃんを授かりたくて妊活を開始する女性がやるべきことは第一に、母親となるために体内のコンディションを整えることです。いつもの動作の繰り返しで体の中でも、特に骨盤がゆがみ始めます。



その歪みが不妊の原因となることもあります。整体院で不妊あるいはマタニティに力を入れている治療院が増えています。



赤ちゃんが出来やすく、過ごしやすくするため適切な状態に骨盤を矯正しましょう。

関連記事です




Copyright (c) 2014 高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう All rights reserved.

▲TOP