現在、41歳。一人目を生んだのが39歳と高齢出産だったのですが、やはり兄弟がいた方が良いとまわりのプレッシャーがありますが、高齢出産だと先天性障害リスクや流産の可能性などを考えると、本当に妊活をしていいのか悩みます。

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう


HOME >> ご存知の通り、葉酸は妊娠前から摂取し



ご存知の通り、葉酸は妊娠前から摂取し


ご存知の通り、葉酸は妊娠前から摂取して妊娠初期、中期まで継続的に摂取することがすすめられている栄養素、ビタミンなんです。

赤ん坊の先天性奇形を予防する効果が認められているんですね。

栄養補助食品から体に取り入れる方法もありますが、芽キャベツなどの食べ物にもたくさん入っている栄養ですから、妊娠の初期段階では意識的に摂取したいものです。

殆どの女性が、「自分が冷え性だ」と自覚しているというデータがあります。



妊活をしている人にとって冷えは天敵で、体を冷えないようにすることも、妊活において最も重要なことの一つです。そんな時、腹巻とか冷え取り靴下などが冷えの解消の手助けになります。


実際に、このようなものを使ってから、妊娠することが出来たという声もあり、簡単にできて効果もそれなりにある妊活だと言ってよいでしょう。

葉酸の人体に対する作用と言えば、全身に血液が良く行きわたるようにすることが従来から挙げられています。血行が悪くなるのはあらゆる不調の原因で、腰や肩が痛い、凝るという局部症状の他、冷え性や不妊といった全身症状にもつながると言われるのでなかなかそれらの症状がよくならないというなら、意識して葉酸を多く摂るようにすると改善されることもあるようです。このとき、ビタミンEも摂るようにすると末梢血管の血行がさらに良くなり、血行改善の効果は高まります。「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ません。

なぜなら、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。もちろん、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。
そのため、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中には十分に葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。
私は、妊娠がわかったすぐ後でサプリメントで葉酸を摂り始めました。
お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いと強く言われましたが、どうなったらサプリメントを止めて良いのかということは最後まで何も言われなかったのです。

ですから、1袋が終わったところで葉酸サプリは一旦卒業しました。出産後、授乳のためにも葉酸が良いと知って今もサプリメントで葉酸を摂っています。


妊活している時に注意したいのは、ストレスを溜めないようにすることです。ストレスによる筋肉の緊張は、血流を悪化させます。その結果、妊娠に関与する、卵巣や子宮の機能は低下してしまいます。仕事を持つ方でストレスを強く感じており、生活習慣の乱れもあるなら、この際、休職してしまうことも一つの選択として考えてみてください。
赤ちゃんが欲しいと思った段階から葉酸は妊娠の初期の時期にかけて飲み続ける事が理想とされており、胎児の先天性奇形の発生を予防するといった効果があるんですね。
妊娠して3ヵ月くらいまでの期間は、葉酸が摂取できる食品やサプトから意識的に食事などから摂取するようにする事が重要になってくると考えられます。



妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。ですが、他にも亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。

その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。


女性のみならず男性が摂取した場合、健康的な精子の増加を助けてくれるんですね。
健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取をすすめてみてください。
少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。

ベルタが販売している葉酸サプリが一番興味あるみたいです。

葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと知っていたので、その友達に教えてあげました。友達には、いつも笑っていてほしいから、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと思っているんです。冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が低下して妊娠しづらくなるのです。



こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。血流のわだかまりを解消し、自律神経の働きを促し、ツボ刺激による癒し効果もあります。



冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。

関連記事です




Copyright (c) 2014 高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう All rights reserved.

▲TOP