現在、41歳。一人目を生んだのが39歳と高齢出産だったのですが、やはり兄弟がいた方が良いとまわりのプレッシャーがありますが、高齢出産だと先天性障害リスクや流産の可能性などを考えると、本当に妊活をしていいのか悩みます。

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?

高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう


HOME >> 妊娠できないの原因の1つとして血行



妊娠できないの原因の1つとして血行


妊娠できないの原因の1つとして血行不良からくる冷え性があ原因と考えられています。

そこで、冷え性を根治する為に、食事療法を実施するというのが重要になるわけですね。体を芯から保温する生姜や根菜などを意識的に食生活の中に摂り入れ、体を冷やす原因となる食品を食べないことも、妊娠するための、とてもいい方法だと思います。


妊婦には葉酸と聞いて、積極的に摂ろうとしている方も増えているようです。当然知らなければならないのは、何を食べると葉酸を効率よく摂れるか、ではないでしょうか。



名前の通り、葉酸はほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。
果物ではイチゴの他、マンゴーにも葉酸が多く、私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安くお医者さんにも勧められて食べていました。妊娠中の便秘を防ぐためにも、マンゴーは良いそうです。



葉酸サプリは妊娠初期からずっと飲んでいたのですが、なんとか妊娠初期を過ぎて、中期に入ってから赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、毎日たくさんの牛乳を飲みました。

今までそんなことはなかったのですが、牛乳が合わなくなっていてお腹の調子が悪くなってしまいました。
妊娠後期に入ってからは、産院で貧血と言われ産院で出された鉄剤を飲むことになりました。それなら妊娠初期からカルシウムや鉄分が配合されたマルチサプリメントにしていれば良かったのかもしれないですね。昨今、自宅で可能な妊活の中の一つの方法としてお灸が関心を集めています。

鍼灸療法は伝統的な方法で、体内から妊娠しやすい体づくりが出来るという事だけでなく副作用がないということも安心です。妊活に効くとされているツボは多数あり、ご家庭でも可能なお灸なども登場し簡単に行うことが可能です。


どうぞやってみてはどうでしょう。
葉酸はビタミンMともいい、妊娠初期に特に大事です。
この栄養素は、妊娠初期に胎児の脳と神経系が形成される過程で、盛んに使われるためです。葉酸が豊富に含まれる食材は何か教えて欲しい、必要な量の葉酸を摂れるくらい食べるのは無理と頭を抱える方は、栄養補助食品や葉酸を強化した食品で、集中して摂ることもできます。



健康な赤ちゃんが生まれるように、必要な量の葉酸を日々確保して欲しいです。
私は毎日欠かさず葉酸サプリを摂取を続けているんです。少しも難しくありません。
多めのお水を用意して、飲みやすい大きさのサプリと一緒に飲むだけで終しまいです。
飲みづらいようなニオイもありませんし、ただ飲み忘れないように心がける天です。

元々は赤ちゃんのために葉酸を飲み始めたのですが、母子共に体にも良いそうなので、飲み続けていきたいと思います。
とにかく葉酸、選びの方法は胎児への影響を考慮すると状況が許す限り添加物の少なくしてある物を選ぶことが大切でしょう。


また、どんなことを大切にしているところで作られているのか、残留放射能のチェックはされているのかなど作り方にも気をつけて選ぶのが必要不可欠です。

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。

できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、言い出しにくい感じがしたので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。

1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、妊娠できなくて、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。



私の場合はそれが良かったのでしょう。


ほどなくして赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。
葉酸というものは、聞きなれない言葉ですが、妊娠すると絶対に耳にする栄養素なのです。

母子手帳にさえその摂取が必要だと書かれてあるくらい大事な栄養素なのです。妊婦さんすすんで摂ることをすすめたいです。

ドラッグストアでも手軽に葉酸が摂取できるサプリもたくさん販売されています。
妊婦になってから少し時間が経って、十分な量の葉酸が摂れていないと感じたならすぐに葉酸を摂るようにしましょう。


子供がすこやかに発育し、生まれてこれるように葉酸が常に欠かせません。様々な理由で葉酸がきちんと摂れていなくて、葉酸の不足を自覚したら、できるだけ早く妊娠中に必要な量の葉酸を摂るよう必要な手を打っていくことが求められます。


関連記事です




Copyright (c) 2014 高齢出産2人目って何歳まで産めるの?発達障害が怖くて妊活躊躇してしまう All rights reserved.

▲TOP